人生トントン拍子

大阪で小さな会社を経営しております

ブログのハードルが上がってしまったなあ

8年続けてたブログは、
結婚したのを時に閉じてしまった。


だいたい、ライブに行っただの旅行に行っただのくだらない日記を書いてたけれど、そういうのはSNSで充分になっちゃった。

一方で、技術系の記事はブクマがいっぱい付いて、それもブログを書く楽しみの1つだったんだけど、今はそういうモチベーションが無くなって、ただただしんどくなってしまった。


たぶん、会社を経営しはじめて「技術記事を書く」という作業が、仕事と直結しちゃったのが、しんどくなった原因だと思う。

ダン・アリエリーの本によると、人の思考状態は「社会規範」と「市場規範」という2つのどちらかに属しているものらしい。

「社会規範」に属しているときは、人と人の関わり合いや、気持ちの繋がりなどに価値を感じるらしい。
「市場規範」に属しているときは、金銭や損得、利益に価値を感じる。

要するに、情緒モードとビジネスモード、どちらかのスイッチが入っているらしい。

趣味でやってる分には楽しくやっていたことが、報酬をもらったとたん楽しくなくなるのは、自分の心が情緒モードからビジネスモードに切り替わったことが原因なのだそうだ。


いま思えば自分のブログもまったく同じ話で、趣味としてブログを書いてる分には楽しかったんだけど、それが仕事となったとたんに同じ作業が苦痛になった。


とはいえ、今でもたまに、何か書きたいなーと思うことはあるんだけどね。

けど、僕はブログを書くのにめっちゃエネルギー使うから、なかなか筆を取るテンションにならない。
1つの記事を書くのに半日ぐらいかかるし、毎日見直して、そのたびに修正を入れるので、1つの記事が完成するまで一週間ぐらいかかる。

そんな無駄な時間をかけるなら仕事しろよ、って自分で思ってしまう。
どうせ誰も見てないんだから、くだらないことを書いてて全然問題ないのにな。


もう技術や仕事のことは、あまり書きたいと思わないな。
最近、書きたいなと思うのは、日常が幸せだってこと。

奥さんが好き。子供が可愛い。毎日が幸せ。
この楽しい感じを、楽しいぜ〜! って書きたい。

もっと社長らしく、偉そうな人生観でも書くべきかなと思うけど。



趣味だし、日記だし、適当に書いてりゃいいんだけどなあ。



なんか、自分の文体すら忘れちゃったな。