人生トントン拍子

大阪で小さな会社を経営しております

若者にhideを聴いて欲しい

こないだ、久しぶりに大好きだったhideのライブビデオを見て、何だか号泣してしまった。

別に悲しくなったわけでも、感動したわけでもなく、ただ自分がどれだけhideの音楽が好きだったのか、ハートをがっちり掴まれてしまっていたのかを実感してしまって、なんだか涙が止まらなくなった。


元々X Japan好きだった自分が17才の頃にhideのソロ活動が始まって、僕が22才の頃にhideは死んだ。

そして今、僕は41才のオッサンになったわけだけど、人は青春時代にカッコイイと思ったものに生涯影響を受け続けるらしい。確かに自分は青春時代にハマったhideの音楽にがっつりと影響を受けて大人になった。



今思うと、自分は本当にめんどう臭い若者だった。
斜に構えて悟ったように世の中を見て、寂しがり屋なのに人嫌いで、高慢で、重度の人嫌いで厨二病だった。

そんな自分でも、なんとかマトモに生きていく程度には性根を矯正されて、無事に大人になれたけど、それは色々な出会いに恵まれたおかげで、その一つがhideの音楽だった。


今、オッサンになってみると、どうも若い人たちの「生きづらさ」が目につく。
社会のなかで上手くいかない不満や諦めや疲労感を見ていると、昔は自分もそんな感じだったなーと思う。


世界の中で、もがきながら生きていくにはエネルギーが必要で、だからそのエネルギーを物語や音楽に求める。

…んだけど、自分のように拗ねた人間には、なかなか流行りの音楽が響いてこない。愛だ恋だと並べ立てられるのが嫌いで人の性根を信じていないから、美化された言葉が薄っぺらく感じて心に響いてこない。


そんな困った性格の自分でも、hideの音楽にはたくさん背中を押されて、励まされて、救われた。
もし、同じように困った性格のせいで、今の音楽にしっくりこない若者がいたら、もう20年も前の音楽だけどhideをおすすめしたい。


hideは人間を美化しない。人の欲望やジレンマ、モヤモヤとした鬱屈を皮肉たっぷりに歌ってくれる。

そして何より好きだったところが、だからといってこのクソみたいな世界を「ぶち壊せ」とも言わないことだった。
hideの歌はいつも、このクソみたいな世界を「茶化して」「笑い飛ばせ」と言う。


有名な話、松本秀人少年はデブがコンプレックスの内気な少年だったらしい。そんな人たちの気持ちを知っているからか、hideはいつも、笑い飛ばすことの強さみたいなものを歌っていた気がする。
自分は今でも、この厄介な性格を持て余して病むことはあるけれど、苦悩や鬱屈を人生のスパイスとして笑うことができるようになった。


最近の若者はとても利口だと思う。けれど、人生を楽しむという点では、とても不器用にも見える。

hideの歌は美しい言葉で飾られていないし、押し付けがましい情熱もないけれど、日頃抱えるモヤモヤとした鬱屈にはやけにマッチして、クスっと笑ってしまうことがある。

その「クスっ」こそ、僕が得た「それなりに人生を楽しむためのコツ」だった。


今の若い人たちに、一度hideを聞いてみてもらいたい。

そして、彼らの心に何か響くものがあったなら、願わくば、hideが今いないことを残念に思って欲しい。新しい歌が生まれてこないことを悲しく思って欲しい。

hideのライブって、めっちゃ楽しかったんだぜ。
一気呑みコーナーがあったり、裸のお姉さんが出てきたり、お客がステージに上がって踊ったりしてたんだぜ。


おかげで、たった4枚のアルバムで、20年経った今でもファンを続けている。